腰の痛みは椎間版ヘルニアだった

腰が痛くなることは、よくあることですね。特に一番多いのは、なんといってもぎっくり腰と言われる症状ではないでしょうか。わたしもぎっくり腰になることが多く、腰がいたいと思った時にはぎっくり腰になったと思っていました。ところがあるときの腰の痛みは違っていたのです。腰の痛みは椎間版ヘルニアだったのです。その時の状態についてご紹介します。

・ものを拾った時に痛みが走った
その時も落ちているものを拾った時に、腰に激痛がありました。その激痛というのは、普段に起きるぎっくり腰の痛みとちょっと違っていたのです。普段のぎっくり腰の場合は、ちょっとづつ痛みがひどくなってくるのです。ところがそのときは、最初から歩くことができないくらいに痛みになりました。そのため、泣きそうなぐらいの痛みだったのでその場所から動くことができなくなったのです。

・その時の症状
その時の症状としては、腰がいたいということと、足が動かしにくいということがありました。それは片足だけ、なんとなく足がだるいのです。そして動かしても、動かしているのがわかりにくいのです。そして痺れていることがわかりました。じんじんしたしびれがあります。また、足の足背に力が入らないということもわかりました。普段だったら、靴を履く時に足背を動かすことになりますね。その動かすということができないのです。その時に、これはいつものぎっくり腰ではないと思うようになりました。

・即病院を受診
ヘルニアの場合は、その症状がある時に動かすことにより、さらにひどくなることがあるようです。そこで直ぐに病院を受診することにしました。職場でそんな風になったので、そのまま仕事をすることができないと思って受診をしたのです。すると、やっぱり椎間板ヘルニアと診断をされました。

いつもの腰痛と違うと思った時には、様子を見ることは危険です。特に痛みとともに足のしびれや足背を動かすことができない場合は、ヘルニアになっているかも知れないと思うことが大事です。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|生命保険の選び方|AGAでお悩み解決|お家の見直ししま専科|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の口コミ.COM|健康に役立つ口コミ情報|